宮大工の技

日本が誇る技術の頂点と言っても良い技術の一つに宮大工の技があります。
釘や鎹を使わずに材木をパズルのように加工し、組み上げます。
繊細で精密な加工技術と、経年劣化での変形を計算にいれた長年のカンが頼りです。

さて、そんな技を映像で残そうとした場合、組み上がった木材ではよく分かりません。組み上げる動作をいろんな角度から撮影してもなかなか見えない部分もあり、理解するのは難しい技術です。

部分的にCGを使用することで、リアルな撮影が不可能な構造を、わかりやすくみせることが出来ます。

これは比較的簡単な構造のものですが、更に詳細なものでもわかりやすくなると思います。
問題があるとしたら、作る前に私がその構造を理解できるか、という事でしょうか・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です