映像系プラグイン

プラグイン

以前にも書きましたが、私のメインツールはCINEMA4Dです。
とはいえ、全部の制作をCINEMA4Dで仕上げるような事もありません。

3Dよりも2D的な効果の場合はAfterEffectsで完結することもあります。
特にAfterEffectsの場合はプラグインの種類が豊富なのでそれらの組み合わせで驚くほど高品質なものがつくれます。
これだけは絶対に外せないというものをまとめてみました。

Knoll Light Factory
AE標準のレンズフレアに比べ、表現力がかなり増します。
光って、それにしか出来ない表現もありますんで、とても大切だと思います。

Trapcode Particular
これも光系ですが、単なる輝きに留まらず、光に粒子や、それらを使用したモーション、軌跡なんかもこれひとつで可能になります。
ひょっとしてイベント事の演出映像はこれだけでできるかもしれません。

ROBUSKEY for Video
グリーンバックを抜くのに使用します。標準のkeylightも良い仕事してくれるんですが、これは人肌に特化して抜群の効果があります。

Knoll Unmult
フリーのプラグイン。黒を透過にしれくれます。なにげに便利なんですよ。

Element 3D
CCになってからC4Dと連携するようにはなりましたが、それでも場面によってはこちらの方が使い勝手が良いようです。

ReelSmart Motion Blur
CG側でモーションブラー入れようとするとレンダリング時間がかなり長くなるので、これで補います。私にとってこれは必須!

DE:Noise
AEでノイズ処理するときに重宝しました。難点は時間がかかること。

Twixtor
演出的に時間を伸ばしたいときに使います。ハイスピードカメラは借りるととても高いので・・・。