撮影のシズルとCGのシズル

外食店の広告やチラシは例外なく「美味しそう」な写真がメインビジュアルになってますよね。
一般の方がコンパクトカメラで撮るものとは、随分違って見えるものです。
では、高価なデジタル一眼を買えば、プロに負けない写真がとれるのかというと、そうでもありません。
その差はどこにあるのか???

その差とは、「シズル感」です。
いわゆる「美味しそう」と思える演出とでも言いましょうか、単にキレイな写真ではなく、その食品のもつ美味しさをイメージできるように工夫された写真ということですね。
さて、具体的な説明をしないと、説得力もなにもない話になっちゃいますね。

ポイントは、
・色(彩度、明度、色相)
・湯気(温かいものの場合)

ラーメンの写真を例にしてみます。
まず、普通に撮った写真です。今回はスマホで撮りました。
撮影時のポイントは、テカリが出るようにやや逆光気味で撮影するという事。

続いて撮影したデータを加工します。
まず、色を調整します。
食品の場合は、若干赤を強くします。
明るさはやや明るめがいいでしょう。

コントラストを強く出すために、トーンカーブを調整します。

ラーメンに湯気はつきものですよね。
実際の写真で湯気を入れるには、ライティングや、シャッタースピードなどに気をつけないといけませんが、スマホでは無理なので、
これも後処理で湯気を入れます。
ここです、ここにCGの出番です。
流体で煙を作り、白黒で出力しておきます。

CGの湯気を撮影した写真に合成します。
Photoshopの場合であれば、レイヤーを「スクリーン」にします。

湯気の熱気の空気感を出す為に、「ゆがみ」を使って微妙にゆがませると熱気を帯びた感じになります。

と、一連の流れですが、実際の撮影ではなく、CGで被写体を作った場合も後処理は全く同じです。
CGであるメリットは、撮り直し、修正が早い、という事に尽きると思います。
もっとも、CGのモデリングやテクスチャなど作り込むスキルがあってこその話ではありますが。。。