SC_2017-2-10_10-41-2_No-00

炎の合成

TV等の火災シーンを実際に燃やして撮影する、というのはなかなか難しい面もあり、実際にはCGを使ってVFX合成することが多いのではないでしょうか。 実際の撮影映像に炎を合成する過程を簡単にまとめてみたいと思います。 前提と
SnapCrab
,

自動車シミュレーション

自動車を始めとする車両事故などの再現にCGは利用されます。 ただ単に動きをCGで表現するのではなく、物理演算によった挙動で表現される映像には、おのぞと説得力も増してきます。 弊社のメインツールであるCINEMA4Dの物理
,

宮大工の技

日本が誇る技術の頂点と言っても良い技術の一つに宮大工の技があります。 釘や鎹を使わずに材木をパズルのように加工し、組み上げます。 繊細で精密な加工技術と、経年劣化での変形を計算にいれた長年のカンが頼りです。 さて、そんな
内臓モデル
,

内臓系CG

CGといえば、簡単に見えないもの、あるいは、見えるけれどもわかりづらいものをわかりやすく可視化するという用途が多いように思います。 病院にいくと、CTやMRIの結果がCGで表示されて、それを元にお医者さんがいろいろ説明し
c4d_work

工業製品CG

つい先日放映のありました某TV番組で工業製品の構造を解説するCG制作を担当させて頂きました。 実際に収録するのが難しい構造物を見えるようにする、というのはCGの大切な役割だと思いますので、こういった仕事は燃えます(笑)。
RLE

TGAファイル

CG映像のファイル形式に『TGA(Targa)』と呼ばれるものがあります。 その名の通り、拡張子「tga」の連番ファイルで構成される映像の事です。 この形式は比較的古いもので、フルカラーかつ透過情報を持つことができます。
hituji

謹賀新年

明けましておめでとうございます! 旧年中は皆さまに大変お世話になりました。 また、このブログをみて頂けた方々にも厚く御礼申し上げます。 本年は昨年以上に積極的に制作活動に邁進いたしたいと思います。 本年も宜しくお願い致し
body

筋肉(マッスル)

小学生の時、理科室に木造(プラスティック)の人体模型がありましたよね? 結構怖かったのを覚えていますが、人体の構造は模型を使うのが一般的でした(昔は)。 最近ではCGを使って比較的簡単に再現できるようになりました。 MR

シズル撮影

CG担当、とかいいながら、専属というよりもそれをメインにしつつ他にもいろんな事をやらせてもらっています。 その中には、写真撮影も含まれておりまして、ポートレートやシズル撮影などもやってます。(正確には以前の職場でやってい
pip
,

工場内の撮影

CGで表現するものは「実際に見えないもの、見えづらいもの」という話を以前したような気がします。 実際に見えるものなのに、複雑でわかりづらいものをわかりやすくするという一例として、工場のラインがあります。 実際にCGを使い
DSC_1625_2
,

撮影のシズルとCGのシズル

外食店の広告やチラシは例外なく「美味しそう」な写真がメインビジュアルになってますよね。 一般の方がコンパクトカメラで撮るものとは、随分違って見えるものです。 では、高価なデジタル一眼を買えば、プロに負けない写真がとれるの

スーパー?テロップ?

TVの番組などで入れる文字の事を「スーパー」と呼びます。 リニアで編集していた方々は特にその傾向があります。 ノンリニアになって、パソコンで編集できるようになると、編集用のソフトでは「テロップ」と呼ぶようになります。 正
C4DR16
,

C4D

お久しぶりです。 忙しさにかまけて更新が出来ていませんでした。 でもほんの少し仕事が一段落しましたので、この隙をねらってメインツールの一つであるCINEMA4Dのバージョンアップを行いました。 いろんなところが新しくなっ
,

静止画のコーデック

Codecというものがあります、一般的な方々にはあまり馴染みのない言葉だと思いますが、 「H.264」とか、「MPEG-2」とか聞くと、聞いたことはあるような気がするのではないでしょうか? このコーデックというもの、もの
poserC4D
,

人物

最近(趣味の一環で)人物のCGをよく作っているのですが、人物のモデリングを一から行うとなれない内は結構時間がかかるものです。 そんな時、重宝するのが人物専用のCGツールです。PoserやDAZ studioがそれになりま