メインビジュアル

CGについて


CGの役割、作る流れ、取り入れる提案など詳しく説明しています。

CGの役割

「CG」という言葉は今では当たり前に聞くようになりました。


多くの方が思い浮かべるのは、映画やテレビなどで使われるCGではないでしょうか?
弊社でも映画やテレビの中で使われているCGを制作させて頂いた実績もございますが、やはり人間が想像しかできないものを実際に映像として目で見れる楽しめるというのが、CGの大きな役割だと思います。


また、ただ楽しめるというだけでなく大きな役割も担っています。
例えば、みなさんも良く目にする事があるかと思いますが、交通事故などの証言を元に事故再現VTRを作ってわかりやすく説明できたり、またその事故の可能性を前もって映像にし、多くの人にその怖さやメカニズムをわかりやすく説明する事ができます。


また、例えば化粧品などの栄養分がどのように肌に浸透して、どういった効果があるのか、など細胞の様子などもCGを使ってわかりやすく説明する事もできます。
一昔と違いまして、CGは比較的安価でできるようになったと言えますが、その背景はPC環境が時代と共に進化している事があげられます。


そういった事もあり、個人でCGを楽しむ方も増えてきております。
弊社にも個人の方からのご依頼がございましたが、プロポーズする際の映像の中にちょっとしたスパイスとしてCGを入れるというものでした。
それは、一人の為に、感動をより大きくするという役割を果たしプロポーズは成功したようです。
まだまだ「CG」と聞くとちょっと遠い存在のような気がしますが、これからもっと身近な存在になっていく事は間違いありません。
また、それに伴い必要とされる場面も増え、人々の生活に大きな役割を持つ事になるでしょう。

CGを作る流れ

CGはいくつかのステップを経て制作されます。
そのステップは大きく分けると下記のようになります。

流れ図
企画情報収集 企画情報収集
CGで伝えたい内容を明確にします。
また、その内容・形状等のスペック的な情報を収集します。
構成 構成
集めた情報で、伝えたい内容を、どう見せるのが最も効果的かを 考え、構図や流れを決めていきます。
モデリング モデリング
CGで表現する物体を作ります。点・面を組み合わせて作ります。
後の動きも考慮し設計するのがポイントです。
この際にポリゴン(面)の数をできるだけ少なく作る事が後の工程の効率化にもつながりますので重要な工程です。
テクスチャリング テクスチャリング
表面の色・ツヤ・模様といった外見を作っていきます。
最終的な映像で最適な大きさで設計します。
アニメーション アニメーション
オブジェクトに動きをつけていきます。キャラクターの場合は、 フレーム単位で設定していきます。シミュレーションの場合は、 物理的な摩擦や反動等のパタメータを設定し意図する動きになる か確認しながら調整します。
シーン構築 シーン構築
構成で決めた構図・流れに沿って、シーン全体のライト・カメラを配置していきます。
主たるオブジェクト以外の大気によるくもり・にじみといった視覚的なものも考慮して構築します。
レンダリング レンダリング
CGで伝えたい内容を明確にします。
また、その内容・形状等のスペック的な情報を収集します。
コンポジット(出力) コンポジット(出力)
レンダリングで出力された映像を組み合わせ、色調整、ブラー、 エッジング、ぼかし等の処理を個別に行い、使う場面に最適な画像 に仕上げます。
ご希望の納品形態に変換する作業もこの工程の最後で行います。

CG を取り入れる提案

普段何かを進めていく上で、CGを使うという事はあまり考えないかと思います。
例えば、ホームページで何かご商売をしようと考える際、良いデザインのホームページを作り、商品写真をしっかり撮り、多くの方に見てもらい興味を持って頂く事を考えられるかもしれません。


提案

ただ、今はYouTubeなど自分のサーバーに負担をかけずに動画を配信できる時代になっておりますので、動画での商品説明などをする方も増えていて、弊社も積極的にご提案させて頂く事が多くなりました。


テレビショッピングなどを見ていて、普段あまり気にしないのに欲しくなった経験はございませんでしょうか?
動画というのは人に興味を持たせ、また作り方によっては購買意欲を持たせる事ができます。


そういった動画の中で商品説明をする際、サポート的にCGを入れるご提案をさせて頂いております。
視聴者がよりよくその良さを理解できるように入れる事によってより信頼感を増すでしょう。その商品の良さをしっかり伝えようとする気持ちが伝わるのです。


私達は、ユーザビリティを考え積極的にご提案させて頂いております。
また、企業だけではなく、個人で使用できるようなご提案もさせて頂いてます。


やはり個人で使う場面といえば一生に一度の結婚式。多くの方が披露宴などでムービーを流されると思いますが、その中でCGを取り入れる事により盛り上がり、ご来席の皆様を感動させる事ができます。


「CG」と言えばおおげさに聞こえるかもわかりませんが、ちょっとしたスパイスとして取り入れるだけで全然違う映像になります。費用もお安くできる為多くの方に喜んで頂いております。
今後もっと身近に感じて頂けるように、様々な場面でCGが使われるようになる為に積極的に提案を行っていこうと思っています。

メール問い合わせ
MENU
クリエーターブログ
  • 2016年06月14日

    VRコンテンツとクリエイター

    私の周りでは「VR」と聞かない日がないくらい、最近は話題になっているVR。 VR(バーチャル・リアリティ=virtual re...

  • 2015年12月16日

    タイタニック号沈没CGを担当させて頂きました。

    下記番組中のCGを担当させて頂きました。 お時間よろしければ御覧ください。 <<記>> 放送局 : 日本テレビ系列 ...

  • 2015年08月20日

    トリックハンターで弊社CGが放映されます

    日本テレビ系番組「真実解明バラエティー トリックハンター」で放映予定の「ダイアナ妃事故の真相」中の再現CGを担当させて頂きました...

  • 2015年07月31日

    自動車シミュレーション

    自動車を始めとする車両事故などの再現にCGは利用されます。 ただ単に動きをCGで表現するのではなく、物理演算によった挙動で表現...

  • 2015年05月29日

    宮大工の技

    日本が誇る技術の頂点と言っても良い技術の一つに宮大工の技があります。 釘や鎹を使わずに材木をパズルのように加工し、組み上げます...

  • 2015年03月28日

    内臓系CG

    CGといえば、簡単に見えないもの、あるいは、見えるけれどもわかりづらいものをわかりやすく可視化するという用途が多いように思います...

  • 2015年02月10日

    映像系プラグイン

    プラグイン 以前にも書きましたが、私のメインツールはCINEMA4Dです。 とはいえ、全部の制作をCINEMA4Dで仕上...

  • 2015年01月01日

    謹賀新年

    明けましておめでとうございます! 旧年中は皆さまに大変お世話になりました。 また、このブログをみて頂けた方々にも厚く御礼...

  • 2014年05月12日

    大企業での制作業務

    その昔、大企業とよばれる会社に勤めていました。 いろいろな仕事と、いろいろな人と関わることが出来ました。 そこでの経験は...